2013年5月23日木曜日

コレクションの精髄 ― 岐阜県美術館 名品選


5月25日から「コレクションの精髄 ― 岐阜県美術館 名品選」がはじまりました。当館の誇る名品の数々がずらりと並んでおります。並べたわたくしが思わず自慢したくなるほど、まさに壮観!です。
(写真1)


(写真1)
 
右の作品、横山大観《月明》は、当館で唯一の大観です大正2年に描かれました。題材は中国。詩人の蘇東坡(そとうば)が、三国志の戦いで有名な赤壁(せきへき)を友人と訪れ、舟を浮かべて詩想に遊ぶ場面です。一見、タイトルになっている月の姿が見えませんが、絵の正面ではなく、斜め横からじっくり見てみると、蘇東坡の下の水面にうっすらと縦に長く白い月映が描かれているのがわかります。おすすめは左斜め45度から。一度お試しください。
大観の横には、前田青邨が平家物語を題材にした歴史画の名品《囚はれたる重衡》(とらわれたるしげひら)が、そして大垣の誇る虎の絵の名手・大橋翠石の金屏風《虎図》が続いて展示されています。

(写真2)

(写真2)
 
手前の彫刻は、瑞浪市出身の彫刻家・天野裕夫さんの《ティオティワ亜カン》。石の体にブロンズの頭と足のついたライオンくんです。この角度からだと、翠石の虎とライオンとがにらみ合って互いをけん制しているようにも見えます。さてどこから見た場面でしょう?ぜひ会場でご覧あれ。(青山)

岐阜県美術館Twitterも始めました。こちらもよろしく!
岐阜県美術館twitter

こちらは、ホームページ
岐阜県美術館 homepage

2013年5月22日水曜日

展示を終えて・・・・・・


511日と22日の二日間、作品返却に行ってきました。11日は多治見の岐阜県現代陶芸美術館へ中島晴美さんの作品を、22日は、関市の岐阜現代美術館へ篠田桃紅作品5点をお返ししました。
 56日で終了した「体感アート@県美.com―ヌイ・プロジェクト.アボリジニ.現代美術.子どもたちの美術」展は、教育普及担当者の、まさに奮闘!!の賜物でした。122日からのロングランでしたが、それもついに終了・・・。鹿児島のしょうぶ学園さんからお借りしたヌイ・プロジェクトの大量の刺繍のピースを天井から吊るした部屋は圧巻でしたし、1年余りをかけて集めた子どもたちの作品の部屋は壮観でした。 
  
                                                                   (ヌイ・プロジェクト展示風景)

 そして終わるとあっという間に展示室はもとの白い部屋に。ほっとする一方で、大変だったものほど、淋しさもヒトシオです。
 当館蔵のアボリジニ美術も木箱に納まって、収蔵庫でしばし冬眠・・・。


512日に終了した「篠田桃紅 百の譜」展は、篠田桃紅さんの100歳を記念して関市立篠田桃紅美術空間、岐阜現代美術館、岐阜市の画廊光芳堂との4箇所で同時開催されました。東京の智美術館でも桃紅展が開催中で、100歳を祝って、今各所で作品が見られます。岐阜にも関東関西、遠方から多くの来館者がありました。所蔵品展示室内での展示だったのですが、時には「え?今日は企画より所蔵の方が多い!?」という日もあって、その根強い、幅広い人気に驚きました。

                                                      (篠田桃紅展会場)

ご来館くださいました皆様、本当に有難うございました。(正村)



2013年5月21日火曜日

これからblog始めます!


みなさん、岐阜県美術館です。これからブログを始めます。ここではホームページに載せられなかった、美術館の魅力をいろんな角度から紹介したいと思います。
 作品の見所や、もっともっと鑑賞が楽しくなる作品の見方、なかなかお見せできない展示の裏側、企画展示の苦労話、森の美術館としてのさまざまな自然の風景、学芸員のこだわり、ミュージアムショップのお勧めなんかも紹介したいと思います。

 これから楽しみにしてください!

同時に!岐阜県美術館Twitterも始めました。こちらもよろしく!
岐阜県美術館twitter

こちらは、ホームページ
岐阜県美術館 homepage
  

岐阜県美術館twitter