2013年12月13日金曜日

モスクワのノルシュテインスタジオ

地下鉄からノルシュテインさんのスタジオへ向かう道です。



















スタジオに到着しました。



















スタジオ内です。














壁にはアニメーションのためのスケッチや資料がたくさん貼られていました。
右下は説明用に現地で組み立てた、紙製の岐阜県美術館での展示プランです。
これを使って説明しました。





















スタジオのスタッフと一緒に食事をしました。
日本の調味料もお好きで、しょうゆやワサビも使っていました。
第7回円空大賞展の授賞式と講演会(平成26年1月25日)に参加するため、岐阜県美術館に来られます。
楽しみにしていてください。

2013年12月11日水曜日

屋外作品のメンテナンス

美術館の大切な仕事のひとつに作品の保存があります。
今回は屋外彫刻のメンテナンスについて紹介します。
岐阜県美術館の庭園にはたくさんの作品が設置されています。
作品担当者は定期的に作品の状態をチェックしたり清掃したりしています。
10月中旬にはルノワール《勝利のヴィーナス》とマイヨール《地中海》の清掃・表面のコーティングを専門家とともに行いました。
この日は快晴。まさにメンテナンス日和でした!

まずは水と専用の洗剤を使ってブラシで優しく表面を清掃。















なんだかシャンプーしているみたい!
















その後、紫外線などから作品を守るために保護膜としてワックスを塗布しました。



 この作業はワックスのムラができないようにするのがポイント。柔らかい布を使って表面全体になじませていきます。作品に触れて作家の手仕事を感じる楽しい時間でもあります。

とってもきれいになりました!












12月には《アララトの舟》の清掃を行いました。
みなさん、この作品をのぞきこんだことはありますか?
舟の中にはいつも水が入っているんですよ!
まずは水を抜いて舟の中の掃除。それから舟の台部分と手前に置かれた大理石を清掃しながら、新しい水を溜めました。
ついでに周りの落葉も拾ったり…。
作品がきれいになるのはうれしいですね。

たっぷり入った水を抜くだけでも結構大変です。舟の底には落葉や枝が溜まっていました。











 
12月のわりには暖かく、紅葉もとてもきれいでした。

脚立の上での作業や器具の取扱いも手慣れたものです。















大切な作品たち、これからもきちんと管理していきたいと思います。(M.M)






2013年12月4日水曜日

第7回 円空大賞展、図録用写真撮影

第7回 円空大賞展、図録用写真撮影の風景です。
 円空賞受賞作家、斎藤隆さんの作品は、およそ縦230cm×横110cmのパネル3枚組という大作でした。梱包を解くたびに息を呑むような迫力ある画面があらわれました。
 撮影は梱包の箱の出し入れや撮影用のセッティング、ライティングなど大変でしたが、カメラマンのてきぱきとした仕事ぶりで無事時間通り終了しました。
 第7回 円空大賞展は来年1月24日からですが、今からとても楽しみになってきました。

2013年12月3日火曜日

玉堂展ラストウィーク

玉堂展、あっという間にラストウィークです。
お陰様で入場者数が8,500人ほどになりました!
10,000人まで是非とも伸びて欲しいです!

今日はミュージアムショップからのお知らせです。
実は玉堂展に合わせて岐阜県美術館ミュージアムショップオリジナルグッズを制作、
販売しております。
















《老松図》はチケットホルダーに!!
《深林宿雪》は提灯に、これはLEDランプで光ります!!
ある職員は「御用だ~!御用だ~!!」と言っておりました。

 こちらは《老松蒼鷹》のバックと《野末の秋》のチョコレート!
















オリジナルグッズは数に限りがございます。
御入手は是非お早めに!!

 














それ以外にも絵葉書やクリアファイル等々、グッズが満載です。
展覧会で玉堂を堪能した後はショップで玉堂グッズをどうぞ!
(齋藤)