2015年4月24日金曜日

サポーター講座 テーマ「IPM活動について」

平成27年度第1回サポーター講座  
平成27年4月23日(木)10時から 会場:サポーター室とスタジオ、美術館庭園
講師 松岡学芸員  受講者14人
テーマ「IPM活動について」

今年度最初のサポーター講座は、IPM(総合的有害生物管理)活動からスタートしました。松岡学芸員から以下のようなお話を聞きました。

岐阜県美術館では人体にも作品にも有害な薬材による燻蒸をしないで脱酸素状態にして虫を窒息死させる低酸素濃度処理による作品燻蒸を行っていること。また、平成22年度から、その前提となる生物生息調査「虫パトロール」を、サポーターの方を含む美術館スタッフ全員で実施してきたこと。

美術館でみられる文化財害虫(作品を食べる・糞で汚す)や不快害虫について、代表的な虫とその虫が及ぼす連鎖的な被害についての説明。


続いて虫パトロールを実施しました。屋外の彫刻作品やスタジオでの具体的な虫パトロールの手順(記録の仕方、対応)について学びました。




虫パトロールの大切さを再認識するよい機会になりました。

2015年4月23日木曜日

こどもワークショップ「お魚パックンで遊ぼう」

4月19日(日)こどもワークショップ「お魚パックンで遊ぼう」

 ゴムの力で口が閉じるおもちゃ「お魚パックン」を、飲み物の紙パックでつくりました。
 紙パックで作った魚と釣りさおに染めた和紙を貼り、私だけのかわいいパックンができました。


完成後は早速「お魚パックン」を使って楽しく遊ぶ様子がありました。 (TK)


4月 家族ふれあい鑑賞教室

411日(土)本年度最初の親子ふれあい鑑賞教室が開催されました。保育園から中学生までの子どもと親が60名以上参加して、楽しい会となりました。



現代アートの企画展らしく、子どもたちは感じたことを、思い思いに自由な発想で言葉にしていました。最後に作品の前で記念撮影を笑顔でパチリ、この企画展ならではのまとめとすることができました。(福井