2015年12月12日土曜日

アートまるケット「花は色の棲家」、明日最終日

先日の暴風雨は止み、本日も雲が残っていましたが、空気はとても清々しい日でした。
美術館庭園でおこなってきた「アートまるケット《花は色の棲家》」も明日が最終日。
本日も日比野館長によるワークショップ「色に関する100の指令」を開催。参加者は和紙を染めて、色とりどりの花を作りました。


作っていただいた花を「色の棲」に飾っています。
そういえば会期中、背中にハート模様のついた虫を監視の方が発見しました。和紙の花にとまっていたようで、本物の花と間違えたのでしょうか。



いくつか花も枯れ、種がとれます。ワークショップの参加者にも、ご自身でとっていただきました。種をとらないでいると、勝手に下にこぼれてしまいます。枯れたローゼルの鉢に、上のマリーゴールドの種が落ち、寒空のもと、芽を出して、小さな花を咲かせていました。

明日13日が最終日、1400からワークショップも開催します。
是非とも足をお運びください。


2015年12月3日木曜日

「レオナール・フジタのにゃ〜んと小さなアートフレーム」開催しました

 10月3日(土)に小さな藤田嗣治展・長良川おんぱく関連ワークショップ「岐阜県美術館で見て、感じて、作る!レオナール・フジタのにゃ〜んと小さなアートフレーム」が開催されました。(レポートが遅くなってしまい、すみません…。)

 いきなりですが、まずはワークショップ終盤に撮りました参加者の集合写真をご覧ください!


  皆さん良い笑顔で写っている……ではなくて、全員何か手に持っているのが確認できますでしょうか?
 これらが、今回のワークショップで制作したオリジナルの額縁です。

 このワークショップでは、小さな藤田嗣治展を担当学芸員Hの解説を聴きながら鑑賞し、その後に自分でオリジナルの額縁(アートフレーム)を作りました。




 制作する額縁はサイズがあらかじめ決まっており、約8cm×7cm、写真などをはめ込む部分は約4cm×3cmです。…小さい!
 実はこのサイズは、小さな藤田嗣治展で公開された《座る少女》とほぼ同じ。《座る少女》は藤田展チラシ裏に原寸大で掲載されている作品でもあります。

 額縁には、あらかじめ参加者の皆さんが用意された写真を、額縁に収まるサイズまで縮小コピーしたものをはめ込みます。






 作品や解説を思い起こしながら、持参した写真などを飾るのにふさわしい額縁にするには…と、様々な方法や装飾を模索する参加者の皆さん。真剣に、賑やかに、制作は進み、同じ木枠から作られたとは思えない、個性あふれる素晴らしい額縁作品が出来上がりました。



 最後は、館内併設のレストラン・カフェ喫褐苑(きっかえん)で藤田展コラボスイーツ「フジタの猫のチョコケーキ」を食べながらの作品鑑賞会。
 出来上がった作品を前に皆さん大満足の様子。




 見て、感じて、つくり、さらに味わう、笑顔が沢山のワークショップとなりました。
 参加者の皆さん、有り難うございました! 



制作された額縁作品は、藤田展の会期終了まで喫褐苑で展示されました。


 後日談ですが、「長良川おんぱく2015」のプログラムとして実施したこのワークショップは、お客様の満足度が高かったことから、長良川温泉泊覧会実行委員会様より「優秀プログラム」として賞をいただきました!



 これを励みに、今後もより楽しんでいただけるイベント・ワークショップを行っていきます!

(教育普及 K)