2016年5月23日月曜日

5月15日 アートまるケット「ながれミながら」ワークショップ「まきまきタネまき」


2016年5月15日(日)10:00~15:00 アートまるケット「ながれミながら」プレイベント、国際園芸アカデミー主催のワークショップ「まきまきタネまき」を開催しました。
アートまるケットは岐阜県の4つのアカデミー等の教員、学生の協力により進める取り組みです。

今年の夏も、美術館庭園に花を使ったオブジェが出現します!そのオブジェを花で飾るために、国際園芸アカデミーの皆さんと参加者112名が一緒にタネまきをしました。


マリーゴールド、ルコンソウ、ジニア、メランポジューム、ヒマワリ、フウセンカズラ、ホウセンカ、アサガオをプランターとハンギングバスケットに植えました。

昨年使用したハンギングバスケットのスポンジを付け替えて、再利用しました。
土を入れて、た〜ぷりお水をかけます。
新品のタオルと同じように、最初に土に水をたっぷりかけると、その後の吸収力があがります。園芸業界では「水やり3年」と言われるほど、水やり一つにも修行が必要とのこと。奥が深いですね。


さて、アカデミーの皆さんに教えてもらいながら、土に指で穴を作ってタネをまきます。


つかみにくいタネはピンセットでまきまき。


上から培養土をやさしくかぶせます。


結構コツが必要です。タネが隠れるまでかぶせます。


できたら、お水をかけてあげましょう。


参加していただいた方には去年のアートまるケットで収穫されたお花のタネをプレゼント!


タネまき完了後、アカデミーの皆さんとスタッフで東のお庭にプランターを移動しました。
学芸室から見る風景です。プランターがぎっしり並んでいます。


無事に発芽しますように!

次回、6月18日(土)10:00~15:00に小さな苗を植え替えするワークショップ「小さな花のおひっこし」を開催する予定です。

今年のアートまるケット「ながれミながら」は7月16日(土)〜9月25日(日)に開催されます。皆様ぜひおこしください。
(学芸員S)


0 件のコメント:

コメントを投稿