2016年9月18日日曜日

このきなんのき?

「フランスの風景 樹をめぐる物語」展関連企画として、出品作品に描かれた樹木について、樹木の専門家にお話を聞く「このきなんのき?」が開催されました。



講師は岐阜県立森林文化アカデミー准教授 柳沢直先生。
本来は葉で見分けることが多いとのことですが、今回は絵画の中の樹木。詳細な葉の様子がわからないため、樹全体の見た目や枝葉のつき方、生えている場所の様子などから、描かれている樹の種類を予想してお話をしてくださいました。


樹の生態だけでなく、樹にまつわる西洋の伝説についてのお話があったり、
描かれた年代から、当時の樹と人々の関わりが見えてきたり、
樹の種類から、背景に描かれているのは海では、と予想したり。
今回は特別に、ポプラの描かれた作品の前でポプラの葉を手にとって、その特徴を知ったりもしました。


普段とは一味違った観点からじっくりと作品を鑑賞できました。
ご参加の皆様、柳沢先生、ありがとうございました。


10月10日(月・祝)にも、岐阜県立森林文化アカデミー教授の松井勅尚先生をゲストに迎えたギャラリートークがございます。
こちらもぜひご参加下さい。
【企画展ギャラリートーク】
開催日:10月10日(月曜・祝)
時 間:午後2時00分から午後3時00分
担 当:松岡未紗(当館学芸員)
ゲスト:松井勅尚氏(岐阜県立森林文化アカデミー教授)
※申込み不要、ただし「樹をめぐる物語」展観覧券が必要です。

(國枝)

0 件のコメント:

コメントを投稿